HOME / 貧血になってしまう原因は何?

貧血になってしまう原因は何?

私たちは、毎日バランスの取れた食事を心がけることで、健康・美容において、健全な生活を送ることが出来ます。
しかし、多忙な毎日の中で、どうしても偏った食事をしてしまうと、体に偏った症状が生まれやすくなってしまうのです。

その一つが、貧血にあり、特に女性に多い症状です。

そこで、どうして貧血になってしまうのか?その原因について追及していきましょう。

女性に多い貧血

貧血と言うと、女性に多いイメージがありますが、これは女性は、生理妊娠・出産と言う一大イベントがあるからであり、特に毎月の生理は、出血しますので、当然貧血になります。

子どもの頃から、貧血気味で、朝礼の際にはすぐに倒れてしまうという人は、単なる貧血と思わずに、すぐにでも対処した方が良いでしょう。
勿論、毎日の食事の中から、鉄分豊富な食材を中心に摂り入れるのが理想ですが、それだけでは一日に必要な摂取量を十分に満たせないので、サプリメントで補うと言う形が理想です。

偏食や過度なダイエットが原因

女性ならば、一度は経験があると思うダイエットも、無理やりな方法でやっていると、体にとって負担が大きくなります。
特に過度な食事制限は、体にとって大切な栄養素が十分摂り入れられないので、希望通り痩せられたとしても、肌がぼろぼろだったり、血色の悪い、疲れた顔相で、あまり良い痩せ方であると言えません。

これは、血管がもろくなり、血流が悪くなることで、全身に栄養が行き届かなくなると言う悪循環です。
血流が悪くなるという事は、貧血になりやすくなりますので、過度なダイエットや偏りがちの食事は止めた方が良いでしょう。

不規則な生活は駄目!

睡眠不足や運動不足、偏った食事、ストレス過多は、直に肌へ影響してしまい、肌荒れが出来やすい環境になります。
又、肌だけでなく、全身へ栄養を送り込むべき血液量が少なくなり、血流が悪くなることで、酸素が運ばれなくなるので、酸欠状態になり、脳に酸素がいかなくなるので、めまいや立ちくらみと言った症状が出ます。
これが、貧血状態です。つまり、毎日の乱れた生活習慣が、貧血を助長させているので、当てはまると言う人は、改善が必要でしょう。

貧血は、女性ならば誰もがなりえる可能性が高い為、まずは身近に出来る、生活習慣を正すところから始めましょう。

page top