HOME / 女性に多い!貧血による主な症状

女性に多い!貧血による主な症状

女性は、生理や妊娠・出産と言う経験がある為、どうしても、出血が伴うことから、貧血になりやすいと言われています。
その為、継続的に貧血の原因である鉄分不足を改善させる為に、普段の食事から鉄分の多い食材を多く摂り入れる必要があります。
しかし、それでも重度な貧血になってしまうと、対処しきれずに、余計貧血症状が出てしまうのです。

重度の場合は、医師の診察の元、処方された薬を飲んで対処するのが一番良いのですが、それとは別に、普段の生活習慣の乱れを改善することも大事でしょう。
貧血の度合いにもよりますが、ちょっと気になる症状が出てきたら、すぐに病院で診察してみることをお勧めします。
それでは、貧血による主な症状を紹介しましょう。

動悸・息切れ

過度な運動をしたりすると、よく表れる動悸息切れですが、貧血の際にも、現れます。
貧血は、血流が悪くなることで、全身に栄養素や酸素がいかなくなるので、当然心臓にも酸素がいかなくなり、それが、動悸や息切れを発症してしまうのです。
運動をしたり、階段や坂を上る際に、動悸息切れを感じたら、貧血を疑った方が良いでしょう。

血色が悪い

よく人から「顔色が悪い」と言われる人もいるでしょう。
健康的な人の顔色は、肌の色にもよりますが、中の血管が透けて見えるので、赤血球の赤い色が見え、ほんのりピンク色なのです。
しかし、貧血の人は、蒼白で、血色が悪いので、病的な感じがします。又顔色だけでなく、全身の皮膚や口の中、爪の部分も青白くなってくるので、要注意です。

氷・土が食べたい!

普通の人は、土を見て、食べたい!なんていう衝動にはかられません。
しかし、貧血状態が酷く、鉄分不足になると、無償にが食べたくなる人も多いようです。
脳に栄養や酸素が行かなくなるので、それが麻痺して、普段は食べないような土がおいしく感じられてしまうのです。
そこまで来ると、とても重症だと思うので、早めに病院で診断・治療を始めてください。

又、をぼりぼり食べたがるのも、貧血の人によく見られる症状で、鉄欠乏性貧血の人は特に見られます。
こういった症状が出た人や周りの人で、見られた場合は、貧血の可能性が強いので、早めの治療がお勧めです。

貧血は個人差がありますが、他にも色々な症状があり、重度になってくると、生活をも脅かすことになりますので、生活の中で、病院での治療で、早めに改善していくことが大事です。

page top